【2022年春入試】岐阜県公立高校入試の実施概要一覧

 やはり期限きっちりに出してきましたね。岐阜県公立高校入試各高校の実施概要一覧。こういう見立てをしていましたが、それに近い感じになりました。明日の新聞を待たずに今日ネットに掲載しただけマシかなという。以前から書いているように受験生(受検生)のために本当はもっと早いほうがいいんですけどね。さっきざっと見ただけなんですが、岐阜地区・西濃地区では大きな変更はないようです。下に岐阜地区西濃地区の分だけ画像にしたものを上げておきます。全体を知りたい方は県教委の入試情報のページへどうぞ。

赤で囲んだところが変わったところ。

岐阜地区・西濃地区では県立岐阜商業岐南工業各務原池田大垣工業の5校の第一次選抜について変更があったようです。

県立岐阜商業の標準検査、グローバルビジネス科の英語傾斜配点(昨年までは150点)がなくなりました。英語が得意で県岐商でも「この科だけ」を狙っていた受験生は思案のしどころかもしれません。傾斜配点だと思って高校見学も申し込んでいた生徒には思いがけないお知らせです(だから早く公表しろと…)

岐南工業の標準検査、内申と当日点の比率が4:6→5:5に、また独自検査の「自己表現」に替わって「面接」が導入されました。

各務原高校は独自検査の自己表現を廃止して、面接だけになったようです(去年は面接+自己表現だった)

池田高校は独自検査枠を2つに分け、Ⅰ(部活枠)とⅡ(環境保護枠)を設けて独自枠全体も拡大しています(14%→21%)。学校活性化のための策でしょうか。

大垣工業では電気・電子工学科群の独自枠がこれまでの20%→30%に拡大されています。他の学科群はもとから独自枠が30%でした。今春の高校全体での定員割れ、独自枠への需要を受けてのことでしょうか。

その他、定員割れした場合に実施するため関係する受験生が少ない第二次選抜では、岐阜城北高校の志望学科数が変わったり(なぜでしょうね)、羽島高校の検査では小論文が廃止されたりもしています。

他の地区のことや独自検査枠の「要件」はチェックしていません(一つ一つ読み込むのには時間が…)。変えているところもあるかもしれません。私もまたじっくり読もうと思いますが、まずは自分で確認してくださいね。

吹き出し/実施概要は今月末までに

あちこちのサイトでよく見かける、

こんな吹き出しや

こんな吹き出し

どうやって作ってるんだろう、編集が難しいんだろうなあ、サイトの一記事にそんなに手間暇かけられないしなあと思っていたら、プラグインがあってそれを入れればいくらでも作れることを今日知った。さっそくこのサイトや塾の公式サイトのほうにも件のプラグインをインストールした。まだまだ簡単に使える機能を十分に使っていないことがよく分かった。調子に乗ってさっそく塾の公式サイトのほうに「よくあるご質問」のページを吹き出しをつけて作ってみた。ちょっと色がちかちかするかな。改善の余地有り。

 そんなことはさておき、岐阜県公立高校入試2022(令和4年度)の「各校の実施概要一覧」が今月末までに出されるはずだから、まもなくである。ここで独自検査をやるかどうか、やるならそれに出願できる要件は何か、何をやるのか、標準検査の内申と当日点の比はどうなるか、面接などテスト以外の検査があるかどうかなどがはっきりする。

今年は7月末が7/30(金)、7/31(土)という日程になっているから、いつぞやの年にあった8/1に新聞掲載(されたけど県教委は7/31に発表したんだからねっ)という裏技?が使えない。今月最後の平日が7/30、その日の県教委「発表」でも7/31には新聞等に出せるはずだ、県教委が変な情報解禁日を設定しない限り。こういう発表が期限ギリギリよりもかなり早めに発表されるというのを最近あまり見たことがないので(かつてはあった)、おそらく7/31(土)の朝刊に載るのだろう。その前の7/30(土)にネット上に載ったら優秀という感じかな。

制度が安定してきた最近は内容に大きな変更をする高校も少なく(それでもちょっとずつ要件などが変わっている学校もある)、受験生(受検生)への影響は大きくないのかもしれないが、以前も書いたが本当はもっと早く、最低でも夏休みに入る前、できれば夏休みの高校見学の行き先が決まる6月までには発表してほしいものだ。大して変わらないならなおさら。

教員採用試験で出題ミス

こちらが県教委の発表。

令和4年度採用岐阜県公立学校教員採用選考試験における出題の誤りについて
https://www.pref.gifu.lg.jp/site/pressrelease/166825.html

>ホッケーのハーフタイム(休憩時間)に関する設問において、選択肢に正解が存在しなかった。(後略)

この前訪れた岐阜公園付近から。金華山を真上に見上げる。

まあ関係する人がどれだけいるのか分かりませんが、ここは教職員を目指す人のサイトではないので…。ここで問題にしたいのは今春の高校入試の出題ミス等といい、県教委の作問能力が落ちているんじゃないということ。ホッケーはどちらかと言えばマイナーなスポーツではありますが、岐阜県はホッケーに力を入れていたはず。そのスポーツでこれでは…。公立高校入試問題と教員採用試験問題では担当部署が違うかもしれませんが、相次ぐ出題ミスを構造的な問題と捉えて対策を練らないと、来春以後の入試でもミスがまた出かねません。入試問題も以前と違って第一次選抜本検査(5教科)と第一次選抜追検査(5教科)、さらには第二次選抜(3教科)と3セットも用意しているんです。その準備で現場は大変だと思いますが、そういうシステムにしたのも県教委。しっかりしてほしいですね。

これも岐阜公園の辺りを歩いていたときのもの。かわいらしい水門。

関東も関西も

 新型コロナウイルスの感染が拡大中だ。岐阜県でもしばらく一桁が続いていたのにまた二桁に乗ってしまった。近隣各県、特に愛知県でも感染が急拡大している。この調子だと関東(東京)だけでなく関西にも遅かれ早かれ「まん延防止等重点措置」か「緊急事態宣言」が出そうな勢いだ。この前、第12回岐阜県新型コロナウイルス感染症教育推進協議会(それにしても長い名前な上に日本語としてもどうなのか…)で決まった修学旅行に対する指針をそのまま当てはめると「まん延防止等重点措置や緊急事態宣言が発出されているところには行かない」という話なので、秋には県外で行けそうなところがほぼなくなっている可能性がある。修学旅行以外にも他学年では宿泊を伴う研修もある。これらがどうなるのか。まだまだ予断を許さない。岐阜県自体も愛知県の感染拡大の影響を受けつつあるように見える。私のところにはようやく今週、接種券が届いたが、ワクチン接種の予約は年代別でその先。果たしていつワクチン接種を受けられるのだろうか。

 今の調子だと夏の部活動の大会までは何とかやれそうだが、秋に立て続けに予定されている修学旅行や研修は実施できるかどうか不透明になってきた。嫌な世の中になったものだ。子どもたちがかわいそうだ。私もコロナ禍の前の世の中の状態がどうなっていたかを忘れてしまいそうだ。

「岐阜県新型コロナウイルス感染症教育推進協議会」のウェブサイトがあった

 気付きませんでした。この前、こんなことを書いたけどすみませんでした。いつからあったのだろう…。県の報道発表資料にも県教委のサイトにもこのページへ誘導するものが何にもなかったように思いますが…。というか県教委のサイトが「会議開催」の告知をするならこのページも責任を持って案内してよという気がしないでもありません。まあ見る側も新型コロナ対策のページをもっと見ればよかったのかなあ。分かりにくい…。いずれにしろ、こういう資料は原典に当たるのが一番ですから、ありがたいです。新聞記事だと断片しか追えず、この前みたいに一紙では内容の全体が把握できないこともありますからね。

 何はともあれ、このサイトにはこの前の第12回会議だけでなくその前の会議の資料も全部あげてありますのでみなさん参考にしてください。ここに書いてある内容で今後の学校の動きが決まっていくはずです。この前の話ですが、やはり修学旅行についてはそのマニュアルに「訪問先は、保護者等が公共交通機関を使わずに現地まで迎えに来ることができる場所」と記してありますね。そして「『緊急事態宣言区域』又は『まん延防止等重点措置区域』等に指定されている都道府県は訪問先としない」とも。行き先はかなり絞られてくるような…。

 なお、先日の第12回会議では修学旅行だけでなく夏休みの過ごし方についての注意喚起なども決められたようです。引き続き県外への移動には慎重になってほしいようです。まあこの状況ですからね。今は関東だけ拡大している感染もいつこの地方に飛び火するか分かったものではありません。

斎藤道三推しだったのはロープウェーかな。

【2022年春入試】高専からの案内

 今年も先週届きましたが、例年入っている募集要項は入っていませんでした。高専のウェブサイトにも募集要項が上がっていないようです。まだ決まっていないことがあるのかな。高専では対面授業が最近全面的に再開されたばかりのようですからね(この点も高校より大学の対応に似ていますね)。入試どころの騒ぎではないのでしょう。

 今年も10月に塾も対象にした説明会を催していただけるようで、その案内も入っていましたが、ウェブサイトで見つけて既に申し込んでいたのでした。今年は何を聞こうかな。まだ考えていませんが。

 前から書いているように、高専はここ数年人気が復活してきていて、推薦入試を狙う生徒も多く、推薦で駄目だった子たち(建築などで発生しやすい)は学力のほうに回りますから、そうでなくても倍率が高い(中には「記念受験」レベルの受験生もいるんでしょうが)学力入試のほうもだんだん内申レベルが上がっています。推薦に公開された基準はありますが、基準を満たしていても推薦枠より多くの生徒が出願していれば推薦合格できないので中学校から推薦してもらえたと言っても安心できません。この点、注意が必要です。

 高専は公立高校入試と違って当日点と内申点の比率を明らかにしてきました。例年通りならほぼ4:6なので岐阜県公立高校入試における多くの進学校よりも内申重視です。しかも公立進学校と違って、内申がよければ推薦という道も開かれます。公立進学校ならいくら内申だけよくても当日点次第では合格できませんからね。高専に合格するためにはまずは内申点。それから当日の入試問題への対策が必要です。特に理数の基礎を学校よりも早めに(予習して)仕上げないと独特な(公立高校入試とはレベルが違う)高専入試問題に対応する実戦的な演習が十分にできません。逆に理数で先のことを学んでいないうちから過去問に取り組んでもちんぷんかんぷんですので、まずは学習内容を先へ。

 例年通りなら説明会→校内見学ですが、コロナ禍の中ですから校内はのぞかせてもらえないかなあ。何度も見学していますが、機会があれば見学したいところです。

こう見るとまるで右側だけが博物館のようだが、左の施設が昆虫博物館で右は市の歴史博物館。

高校見学2021夏

 この前、中1のプリントを2022と書いて保存してしまった私です。年末年始を病院で過ごしたせいか年の感覚が…。

最近の近所の散歩から。Twitterには春先の花が満開の画像を背景画に載せていますが、もうこんな状態です。

 さて、県内各高校の高校見学の予定一覧がようやく県教委のウェブサイトに掲載されていましたが、中3の皆さんはとっくに中学校から案内され、とっくに申し込んでいるでしょうね。タイミング的に意味のない気もする発表ですね・・・。

一転してこれは岐阜まで「散歩遠征」したときのもの。金ぴかの信長、思わず撮ってしまいましたとさ。

 ともかくこのように発表されています。いつも書いているんですが、これを改めて見ても7月末の県教委の実施概要一覧が発表される前に高校見学がある高校が結構ありますよね。独自検査の要件が大きく変わったりする高校や内申と学力検査の比率が大きく変わったりする高校があって生徒の志望校が変わったらどうするんでしょうね。そういうことはない(確かにここ数年大きな変化はないのですが)という前提で動いているんでしょうか。いずれにしろ、今風の言葉で言えば「受検生ファースト」のスケジュールでなく、高校側や教委側の都合が優先されたスケジュールですね。もうこれで変えるつもりもないのでしょう。

ここに来ると路面電車が気になってしまう。

振り返れば昨年は夏休みの高校見学が中止(休校の影響で夏休みがあまりなかったですから)、秋に公立高校も高校見学を行うという例年とは違うスケジュールになりましたね。まあ昨年度は本当に異常でしたから。昨年度の中3生たちはかわいそうでしたね。

これは雨を避けるために大垣の街中のアーケードを散歩した日のもの。もう映画の公開からもだいぶん経つですが…
川が特に好きというわけではないのですが、新大橋から水門川を撮影。

第12回 岐阜県新型コロナウイルス感染症 教育推進協議会

この何だか日本語の不自由そうな会議、先日から開催の告知は県教委のウェブサイトに載っていましたが、話し合いの結果は新聞を見ろといういつものパターンのようです。何なんでしょうね。

最近まで公園まで車で散歩に出かけていたが、再び数か月前のように家から歩いて散歩に出る日も増えた。近所の用水路は田のために滔々と水が流れていた。

そこで新聞を見ると今朝の朝刊に載っていました。ネット上にも上がっていたこれです。

しばらく行っていなかった児童公園でない都市公園。この日は平日。子どもはいない。

修学旅行、県外の宿泊も可能 県教委マニュアル
 https://www.chunichi.co.jp/article/288084?rct=gifu
 県教委は九日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた修学旅行の実施マニュアルをまとめた。(中略) 県教委によると、・・・(中略)・・・大半が宿泊を伴い、県外を目的地としている。
 出発二週間以内に濃厚接触者になったり、出発当日に発熱があったりする場合などは参加不可とする。旅行中に感染が判明した場合は、他の児童生徒らも濃厚接触が避けられないとして旅行全体を原則中止するとした。

「ローズパーク」さすがにもうバラの季節は終わったかなと思いきや…

 ということで今年度は修学旅行が実施できるようですね。県内の感染も落ち着いているようですから、まずはよかったと言うところでしょうか。

まだまだ咲いているものもあるようです。失礼しました。

 ただ行き先はどうなるんでしょう。例年、多くの中学校が行く東京方面は感染が拡大中で緊急事態宣言まで出てしまいました。無観客とは言え、オリンピック・パラリンピック終了後、その影響で感染状況がどうなるのかも懸念されます。また例年なら多くの公立高校が行く沖縄も感染が拡大中で緊急事態宣言が続いています。沖縄に行く人にはPCR検査を無料実施という政策が検討されているようですが、そういう状況でこちらもどうなるでしょう。

 ということで、行くことは決まったが行き先はどうなるのかなあという県教委の会議でした。

と思ったら・・・

2021年7月11日追記 岐阜新聞の記事のほうには行き先についても詳しく書かれていました。やっぱ読み比べないと駄目だなあ。ちゃんと確認すべきだった。

修学旅行マニュアル 訪問先は保護者が迎えに行ける場所に 友達の部屋への出入りは「禁止」 岐阜県教委が感染防止対策
https://www.gifu-np.co.jp/news/20210709/20210709-86037.html
(前略)参加者がPCR検査の対象者や濃厚接触者となった場合などに備え、保護者らが迎えに来られる場所を訪問先とすることが盛り込まれた。…(中略)… マニュアルでは、岐阜県に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用された場合は延期または中止とし、宣言や重点措置に指定される都道府県は訪問先としないとしている。旅行先で参加者が体調不良となり、PCR検査を受けることになった場合などは、保護者に公共交通機関を使わずに迎えに来てもらう。…(後略)

なーんだ、これを真面目に読めば保護者が公共交通機関なしでは迎えに行けないだろう沖縄や、車で迎えに行くのが(できないことはないが)難しい東京は(今後たとえ緊急事態宣言が解除されたとしても)行き先としては無いと言うことですね。まあだいたい「宣言が解除されるかな?どうかな?いけるかな」って状態では計画を立てられませんし。

というわけで新聞記事発表だけだとこういうことが起こるんですよ、県教委さん。だからもったいぶらずにウェブサイトでもそのマニュアルなりダイジェスト版なりを出せばいいのにという話でした。

夏期講習2021

 受け付けております。ご希望の方はこちらまでご連絡ください。再開後初の夏期講習、実質的に新規開校のようなものですが、この夏は折込広告を出す予定がありませんので、期待をされていた方、すみません。

 なお、今年度は小学生について開講予定がありませんのでご了承ください。また、(これは夏期講習とは関係がありませんが)小学生の件も含め、塾の概要が塾再開当初に関係各位にお知らせしたものとは変わっていますが、これらについて改めて関係各位にご連絡を差し上げたりする予定はありませんので、塾のサイトでご確認くださるか、電話やメール等でお問い合わせください。

【2022年春入試】入学者選抜要項が出ました/土日の部活は地域で

例年こんな時期だったかなあ、2022年春(令和4年度)岐阜県公立高校入試の「入学者選抜要項」が既に出ていました。先月末日付の更新になっています。ざっと見ただけですが、内容は既報のもの、または例年通りのものばかりで目新しいことはありませんでした。この「入学者選抜要項」にも7月末までに実施概要を県教委が出す旨が書いてありますので、例年通り7月末には先日書いたような諸々が出るのでしょう。10月末までに各高校がホームページに出すというものはその詳細版です。高校によっては独自検査で必要な諸々の書類を掲載するところもあります。

写真はこの前岐阜公園に行ったときのもの。そういえば板垣さん岐阜で遭難してたなあ。そうなんですよね。

というわけで大きなニュースではありませんでしたが、取りあえず県教委に動きがあったので書きました。前も書いたように次の注目は7月末です。これも以前から書いているんですが、もうちょっと早くならないんですかね。7月末、もう高校見学が始まっているんですよね。順番が逆じゃないかと思うんですよ。高校見学は入試説明会ではないとはいえ、特に独自検査の要件によっては志望校が変わる子もいるでしょうに。高校見学の申し込みをする時期を考えると5月末が理想ですよね。今年は何とその5月末にやっと入試のアウトラインが出てきたんですが。

これも岐阜公園から。名和昆虫博物館、実は入ったことないんだよなあ。この日は時間がなかったので、コロナが収まったら時間をかけて見て回りたいと思う。

土日の部活は地域で

募集要項とは全く関係ないんですが、先日の新聞にこんな記事が。ネットにも上がっていました。

土日の部活は地域で運営 中学教員の負担減へ23年以降
https://www.chunichi.co.jp/article/282361?rct=gifu


教員の負担が問題となっている中学校の土日の部活動について、県教委の堀貴雄教育長は二〇二三年以降、段階的に地域で活動するスポーツ団体に運営を移行していく考えを示した。県内自治体の教育委員会の取り組みを県教委が支援していく。(以下略)

全国的な流れで県下でも既に一部の市町村が取り組んでいますね。2023年ということは再来年、今の中1の子たちが中3になっている頃ですね。彼らは中3の夏で引退する子が多いでしょうから実質的な本格対象学年は今の小学校高学年からかなというところです。これで学校の先生が授業に集中できれば教育の質向上、教員の待遇改善につながるかな。先生は働き過ぎですよ(と私が言うのもいろんな意味でおかしいかもしれませんが)。これを機に平日の部活動の担い手についても考えていってほしいですね。