「2.脳幹出血」カテゴリーアーカイブ

キセキ

 以前も書いたが「強運の持ち主」とは担当医に贈られた言葉だが、私の脳の写真を見たという回復期病棟で担当した理学療法士さんも、その出血量の多さに驚いていた(これも書いたか)。私自身も入院中盤に私自身の脳の写真を見せてもらい、出血の状況は確認した。確かにひどかった。一言で「脳出血」と言ってもごくわずかの量で回復も早い人もいるそうだが、全然そんな人の画像じゃなかったし、実際すぐよくなるような身体ではなかった。急性期(入院初期)の私はそんなふうだったが、回復期リハビリ病棟の私は、独歩杖無しで歩き回ったり手の動きも日々改善したりだったので、倒れた最初の病状とのギャップが大きかったのかもしれない。

倒れた当初、家では電話が鳴るたび病院からの悪い知らせではないか(コロナ禍のため、家族でも付き添いや見舞いは原則出来なかった)と思ったほど、病院での説明では生死について厳しいものだったらしい(これはどこかで書いたな)。そしてその山を越えて命はどうやら大丈夫そうだということになった後も、寝たきりで過ごす覚悟は必要だったらしい。生きているだけで幸せ、初期はそういう段階だったようだ(私が昼夜構わずというか外の様子も分からないから昼夜がなかなか分からずよく眠っていた期間である)。私自身、年末年始は管をたくさんつけられての入院生活だったのだが(当たり前だが病院では元日だからと言って特別な何かをしてくれるわけではない。食事が出ていた人は食事に正月らしさがあったのかどうか知らないが、そのとき私は食事もしていない。寝たきりで管から栄養を入れていた)、家族にもひどい年末年始を送らせてしまったなと思う。だいぶんたって私が病院からのメールで(リハビリのおかげもあって)順調に回復している様子を伝えるようになっても、家の人間たちは半信半疑だったようだ。命があるだけ幸せという状況からそこまで本当に快復したのかと。左半身ほとんど動かなかった男がそこまで快復したのかと。そこには担当リハビリスタッフの皆さんのご尽力があったのだが。今は普通に動かせる。リハビリというのは凄いなと思う。全く動かなかった身体をここまで戻してしまうのだから。

大型連休に入る前、古くからの友人、いろんな業者さん、某私立高校の先生にもお会いした。高校の先生は飛び込みで偶然だった。そんなことを思い出したのは、お会いした人たちによってはそういう倒れた当初の状況から説明したりもしていたからでもある。先述した状況を思うと今の快復は当初から事情を知る人からは想像もできないことだった。私自身が生涯、動かない半身とつきあわなければならないもかもしれない、どうやって塾をやるんだろうと半ば絶望したのは入院期間の中盤だったが(逆に半身を引きずりながら塾をやっている夢も見たが)、それもこうして動けていることで今となっては取り越し苦労だった。普通に立って声を出して授業ができる。もちろん身体を引きずってはいない。自分が倒れて詳しく知ったが、世の中には命を拾っても後遺症で苦しむ方も大勢いる。自分は申し訳ないくらい幸せかもしれない。「強運の持ち主」だったのだろう。

そうそう、ある業者さんのところで賢学塾の初期の卒業生が働いていることは以前から知っていた。学校を出て同じ会社で一筋、よく働いているなと感心していたら現在産休だという。聞けば3児の母になっているそうだ。子どもを産んでも仕事を続けているようだ。幸せになってほしい。他にも父親・母親になっている卒業生は風の便りで聞くのだが、そういう話を聞くにつれ、この塾も長くなり、また私自身もそれなりの年齢になったのだなと思う。若い頃この塾を開校したときにはそんな先のことは全く考えていなかった。1997年夏の開校だから24年近くしか経っていないのだが、前世紀のことだというと古く感じる。

こんなことばかり書いてしんみりしているが、今日も散歩は継続している。最近は地元のスポーツ公園周辺で。純粋に歩くことが目的だから近場で済ませている。今日は子どもたちのサッカーやテニスで賑わい、駐車場の車が珍しく密だった(車が密でも感染はしないだろうが)。なんだか場違いな気がして(私も利用者なのだが)、管理棟がある正面の駐車場でなくて公園の隅の駐車場に車を移す。雨がぱらぱら降ったりやんだりはっきりしない天気だったので急いで歩くことを優先。写真も無し。健康器具も無し。その割には(5300歩余りなのはいいとして)速さが4.9km/hだった。真剣に歩いていた割には速さが出なかった(速さを強く意識してはいなかったが)。別に速さにノルマがあるわけではないが、ちょっと残念。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ13

昨日は午前中に面会。その前後には塾で雑用。塾のそばの交差点で工事をやっていたがガードレールの設置工事かな?片側交互通行だった。

発送作業も済ませようかと考えたが細部の調整が必要に感じて今日にまわす。ということは明日頃到着かな。

0歩のまま午後へ。

昼からしばらくして家を出る。行き先は決めていた。同じ市内と言っても飛び地のせいでちっとも市内の感じがしないところへ。ここが整備されていることは知っていたが、歩ける場所があることはこの前知った。雨の日、ここに来るつもりだった。リベンジ?

着いた。遊歩道がどうなっているのか分からないのでまずは看板を見る。

歩く。いい感じ。河原だけに洪水時の遊水池になるのだろうが、それにしてはいい遊歩道が整備されたいい環境だ。

プラント6もこっちから見ると全然違うな。

ここで行き止まりのようだ。Uターンというのを絵に描いたような散策路。

水辺もよい。

ここ1周だけでは歩数が少なかったので、もう1周するかとも考えたが、史実を無視したあのお城めがけて歩くことにする。

この先には行けないのかと思っていたら、駐車場から遊歩道はそっちに続いていた。そりゃそうだ。

階段。もちろんすいすい。

こんなところに太閤秀吉が。

城の周りをぐるっと回ってから引き上げるが、もう少し歩けそうだったので懐かしの町中を少しだけ歩くことにした。桜のシーズンは見事なのだろうがすっかり葉桜になっている堤防を通って。

5300歩、4.8km/h

終わり。5300歩あまり。ゆっくり歩いていたら4.8km/hまで速度が落ちていた。最近ずっと4.9km/h以上だったので久しぶりに見る数字だ。取り戻すためにもう少し歩くかと思ったが、時間が無かったので今日はここまでにする。まあ退院直後は4.8km/hでも十分速かったのよなあ。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ12

昨日の午前中は塾で雑用、のちいつものスポーツ公園で散歩。昼まで時間があまりなかったので3周のみ。そして健康器具は使わず。いい天気なのにもったいない。テニスコートの皆さんが元気だったが後はがらんとしていた。

午後も散歩に出る。大野町のレインボースタジアムまで。野球をしに行ったのではない。というか一人で野球出来ない。周りの遊歩道などを歩いてみたかったのだ。

ここは野球観戦で2度ほど訪れたことがある。また来ることがあるのだろうか。高校野球の地方大会にぴったりな感じの立派な球場だ(草野球レベルではもったいないがプロ野球レベルでは使われないだろう水準という意味)。車で来るには便利(田舎だけに駐車場が広い)が、公共交通機関がないので高校生には不便なところだろう(以前、高校野球を見に来たときに炎天下歩いている高校生の一団がいた。役場のそばのバスセンターまでだろうが、結構距離がある)

球場にしか来たことがなく、公園内部がどうなっているか分からないので看板をチェック。遊歩道がどうなっているかの案内はなかったが適当に歩くことにする。

山のほうに向かう散策路には柵が。まむしは怖い。熊が出るというのは本当だろうか。猿やイノシシはいるのだろうか。熊よけ?フェンスの向こう側のようなので、今日はあきらめて安全?なルートを。公園の外に向かって南下。

蛍がいるらしいがシーズンではない。蛍を守れとまむしに注意が裏表の看板、面白い。

こういう景色だけ見るといい雰囲気だが隣は肥料の製造現場の模様。

道路を渡った先に古墳群があるようなので行ってみる。

前方後円墳のようだ。登れるけもの道が続いていたので登ってみる。手をつかずに無事上り下り出来た。

もう穂が出ている麦畑。生長がよい。麦ばかりを撮っている気がするが麦マニアではない。

公園に戻る。いい景色だ。けものよけ?柵の向こうもいずれ訪れたい。中で写真を熱心に撮っている人がいた。

これは八重桜か。下に花びらが散ってはいるが見事に咲いている。この前から八重桜ばかり撮っているが八重桜マニアではない。

8100歩、4.9km/h

公園の外周?をぐるっと回って終わり。帰宅。1日の合計で8100歩ほど、速度は4.9km/h。もう少し歩けばよかったが、「まむしに注意」が計算外だったかな。今日は午前中に「仕事」というか準備。だから午後から歩きに出るかな。完全な散歩ブログだ・・・。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ11

昨日の午前中は雨は上がったように見えたので、近所のスポーツ公園に出かけた。途中、ほんの少しぱらぱらと時雨のような雨が降っていたが、野球場の草野球?のみなさんも、テニスコートの皆さんもサッカー少年たちも全くお構いなしに続けていたし、私も歩き続けた。休日だけあってこういう各種スポーツの利用者が多かった。スポーツ公園だからな、当たり前か。

健康器具

今日は例の健康器具を使った。写真も使い回しでなく昨日撮ったものだ。10往復×2でもう疲れを感じるので、それをやったらまた公園をぐるっと歩くというのを3回やった。歩いている間に腕や肩の疲れがなくなって再びできる状態に。

公園ばかりぐるぐる回っていても何なので、少しだけジョギングコースを外れて公園の外に。

かつて「チャレンジ」していた下り階段。昨日は逆ルートなのでここから上って堤に上がった。すいすい。

何度も登場している跨道橋。逆コースから上り下り。すいすい。

どちらが気の早い桜か分からないくらい、もう一面の葉桜だ。ちなみに、左がずっと登場している「気の早い桜」。

そんなこんなを繰り返していたら公園を6周していた。ジョギングならいざ知らず、ウォーキングで6周も回る人はいないかな。そろそろいいかなと車に乗ったとたんに雨が結構きつくなってきた。これでもテニスや野球はやっているのかな、などと思いながらサッカーを終えた少年たちにまるであわせるかのように公園を去った。

岐阜市に移動

午前中はスポーツ公園を6周もしたが(たぶん初めて)、それでも7000歩ぐらいだったので、一昨日もあまり歩いていないし昼からも出ようかと思案。ただ、雨が降ったりやんだり。やんだかなというタイミングで家を出て、市内某所の公園に着いた頃には雨がザーザー。その駐車場でお茶を飲んで待機したが、雨がやみそうになかったので岐阜市に移動してアーケードの下を歩くことにした。

面白いもので岐阜への移動中はずっと雨が続いていたが、着いた頃には雨が上がっていた。岐阜駅前の駐車場に車をとめ、そこからアーケード街に沿って神田町方面を北上する。アーケードが切れる柳ヶ瀬の辺りでUターンという計画だった。その昔、今は亡き大叔母が住んでいたところのそばだ。柳ヶ瀬の中のほうはアーケードがあるといっても歩くつもりはなかった。

傘を持たずに駐車場から出たが、晴れてきてその必要もなさそう(アーケード街といっても途中の大きな交差点ではアーケードは途切れる)。かつての近鉄百貨店跡も新聞社の支社に。このあたりには自由書房もあってよく来ていたなあ。その自由書房もすべて閉店。あちこち空き地があったり、マンションが建っていたり・・・時代の流れを感じる。

この前のわがまちの駅前商店街と違って、こちらはそれなりの距離で歩き甲斐があった。途中でチェックしたら午前中も含めた一日の合計で10,000歩には余裕で達しそうだったが、当初の計画を履行することにした。

この前も撮影した駅前に展示してある路面電車を下からの角度で。

駐車場に戻って確認したら一日の合計は12,400歩ほどになっていた。速さは4.9km/h。上々だ。これで帰る。さっきまでの変わりやすい天候は何だったんだというくらいいい天気の中、帰った。と思っていたら、家に着いた後、夕方遅くなり雨が降り出したようだ。昨日の天気は本当に変わりやすかった。

血圧120台、体重は現状維持。

・・・で終わったら完全に散歩ブログだが、昨日は散歩以外はほぼ何もしていないのだった。血圧は以前の下がり傾向に戻り120台が中心に。体重は退院直後の水準を維持(逆に言うと体重は下がっていない)。この調子でいきたい。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ10

アーケードの下を

昨日書いたとおり、雨の中を午後、歩きに出た。といっても屋根のあるところというので出かけた先はいつものスポーツ公園ではなく街の駅前商店街。アーケードの下を歩こうかと。悲しいかな、あそこなら人も少ないだろうと。土曜日だけに人出がそれなりにあるだろう完全屋内のショッピングモールには出かける選択はなかった。

出かける前に電話が鳴る。ずいぶん待たされるかもしれない話を聞いてこの前、やや暗雲が立ちこめていた件が、意外に早く片付くとのこと。それならそうと(以下略)。キャンセルが出たからというが本当だろうか。いずれにしろ、ありがたい。ほぼ当初の希望通りになり感謝。こっちが動き出したのであっちをなんとかしないといけないなと思案。

この前歩いた川のほとりの市営駐車場に向かう。

3000歩ちょっと、4.9km/h

着いてみたら想像通り、人は少なかったが、ぬれた運動靴では屋根の下でもやや滑るのと、ところどころアーケードが切れていて困った。駅前商店街、もう少し長いかと思ったが意外に短かった。昔はもっと長く感じたのだがなあ。簡単に南端の某銀行本店そばからから駅まで歩けてしまった。もう少しあるかなと思ったが。今度雨が降ったら、ここでなく隣の市にしよう。もう少し長めに歩けるだろう。何周か回って距離をかせごうかと思ったが、先述した悪条件もあり、まあいいかなと。そういう意味では靴の選択を間違えたかもしれない。もとは0歩かもしれない日だっただからまあ仕方ないと心の中で言い訳をして帰路につく。歩数は3000歩ちょっとにしかならなかった。普通に歩いたので速さは4.9km/h。歩くからには5000~6000歩は歩きたいと思って家を出たのでやや残念だった。今日は歩く。昨日の分も。

血圧やや高め?

昨日は最近にしては血圧がやや高めで最近は110台も多い昼間でも120台~130台が中心だった。血圧は常時変動しているそうだからあまり神経質になってもいけないが、ちょっとだけ気になった。寒いからだろうか。まあこれでも退院直後に比べたらずいぶん下がっているのだが。少し様子を見よう。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ9

一度作ったはずの記事が消えていた。自分は何をやっているんだ・・・。

昨日は夕方~夜から雨の予報だったのに、午前中から雨が落ちていた。これで気持ちが折れて午前は雑用。すぐ引き返して家で引きこもり作業。こういうことができるのも車に乗れるからだよなあとしみじみ。

昼からは散歩に出かける。この後雨が降る予報というかいったん雨が上がってまたいつ降り出すか分からないという天気だったので、近場、いつものスポーツ公園へ。ここをぐるぐる回る。もし雨が降ってきたら車に逃げ込めばよい。こんな天気だし、平日だしと思っていたら意外に歩いている人がいた。といってもぽつぽつといった感じだ。それにしても立派な散歩道を整備してくれたよなと思う。こんなことでも無ければ使わないままだったかもしれないが。

いつもの健康器具を使う。今日は写真を撮ってないので以前の写真を使い回す。腕を動かすこれだ。これを使うためにやってきたといってもよい。

以前よりは連続して回数を多くできるようになったが、まだまだだ。covid-19のこともあって使い捨ての手袋で触っていたのだが、1枚しかもってきてなかった。次回から数枚持ち込むかその都度丁寧に手洗いすることにして1周歩くたびに使う(歩いている間に手も休まるし)という使い方もしてみようかな。

ジャージ姿で電話を・・・

歩いているうちに某所の担当者から電話が入る。来週、面会することになった。こうやってスケジュールが埋まっていくと社会復帰に向かっているのだなという緊張感が高まる。スポーツ公園のジョギングコースでジャージを着て電話を受けているのだが。

5周

「雨が落ちてきたらやめるか」と思って歩き続けたら、雨も落ちずに5周も歩いていた。たぶんこの公園で5周も回るのは初めて。同じルートで飽きないかと言われるが、入院中は病棟内の廊下を10周とか20周とかしてきたのだ。5周くらいでは飽きない。

移動

ここで歩くのはここまでにしよう、違う公園に移動しようと思って車に乗ったら大粒の雨がフロントガラスに。ここまで6500歩ほど。次の日まで雨で歩けないことを考えたらもう少し歩きたくなり、屋根のあるショッピングモールに移動。ここに来るのも倒れる前以来か。

8100歩、4.9km/h

 1階、2階と一通り回って大きな変化がないことを確かめ、今日は何も買うものがないので帰路へ。これで合計8100歩ほど。速さは4.9km/hを示していた。次の日(つまり今日)の雨予報からするともう少し歩いておいてもよかった気がするが、仕方ない。今日もどこか屋根の下を歩くかな・・・と安易に考えられるのも車に乗れるから。そうでなければこういう日は引きこもり一択だった。

まだ出ない日程

 結局、今週は岐阜県公立高校の入試日程その他の公式発表はなかった。県教委の入試情報のサイトも今春入試の情報のままで全く更新がない。前も書いたように昨年が素早かっただけで、一昨年までの例にならえば来週辺りだろうか。再来週になるともう連休の足音が大きくなってくる。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ8

昨日も午前中は近くのスポーツ公園へ車で出かける。当たり前だが車は速い(本当に当たり前)。平日だし誰もいないかなと思ったらテニスをやっている高齢者集団が。私は例の健康器具を使う。以前よりは慣れてきたか。連続してできる回数が増えた。

ジョギングコースを3周回り帰宅。歩数は3500歩ほど。

洗車

昼からも出る。まずガソリンスタンドで洗車。もちろん左手も使って拭いたが、周囲からは「大丈夫だったか」と後で言われた。大丈夫。左も普通に動く。それにしても、自分の車を「洗う」なんて何か月ぶりだろう。日常が戻っていると感じる。

今日も「遠征」

その後は運転慣れのドライブもかねてちょいと遠くへ。

百年公園

ここに来た。県民なので「百年公園」。久しぶりにここを歩くことにした。前回来たのはもちろん倒れる前なのだが、去年来たかな。

ダム湖の下に沈んだ旧徳山村から移築したという民家、屋根の葺き替え工事かな。

オリエンテーリング懐かしいな(ここではやっていません。今も学校行事でやることがあるのだろうか)

アップダウン

この公園は里山風でアップダウンがあることに途中で気付いた。そういえばそうだった。真剣に歩いていると結構きつい。

山坂道?

この景色だけ撮ると山坂道の途中みたいだな、などと思いながら。

ようやく登り切ったかなと思える景色にたどりつく。展望台があったはずだが今日はパス。以前来たときにたいした展望じゃなかった記憶があって・・・。

下りは気持ちがよい。このあたりからウグイスも鳴いていた。

ほんと、人里離れた山奥としか思えない。人もたまにしか見ないし。

平日なので(休日がどうか知らないが)遊具には誰もいない。

八重桜?

昨日の公園で見た花。今日も見た。八重桜かな。そういえば、その昔、北高のすぐ隣の川沿いにもソメイヨシノとともにたくさん植えられていた思い出。自分のときにはあった。その後、河川改修で姿を消した模様。

電話

駐車場の出口近くで電話が鳴り、慌てて車を止めてから出る。車で移動中でなくてよかった。大事な用件の電話だった。うーん、ここに来てスケジュールに狂いが出そうな気配が。何とかなると言えばなるのだが。

8100歩、4.9km/h

その後帰宅。歩数は8100歩ちょっと。速さは4.9km/h。速さには全くこだわっていなかったし、アップダウンもあったわりには頑張ったほうかな。今日はここまでで家に帰る。「町外に出る」はいいがドライブがちと長すぎ。車の運転にはだいぶん慣れてきたし今日はもう少し近くを歩こう。

昨日は準備が進んだというか後退したというか動いていないというか。なかなかするりとはいかない。明日は雨だから関係各所に電話して・・・と思ったら明日は土曜日だった。今日のうちに動かないと。療養生活をしていると曜日感覚が鈍るから困る。早く抜け出さないとこの生活に安住してしまう。と思えるくらいにはもう回復している。退院してまもなく2か月。ここまで長かったのか、短かったのか。

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ7

入試日程が出ない

岐阜県公立高校の入試日程が正式になかなか出ない。去年は例年になく早い発表(3月)→そして大幅変更(9月。大幅変更というかほぼ卓袱台返しだった。出題範囲も変更しないと言ったのに変更した)だったが、一昨年までは4月下旬だったのでそれにあわせているようにも見える。だいたい、県教委の公立高校入試のサイト自体がこの春の入試情報のままで止まっていて更新がない。県教育長も替わったし、コロナ禍で先も見通せないし、今春の公立入試ではミスが複数見つかるという混乱もあったし、公立高校の志願倍率が全体で0.99倍になって一部人気校を除く公立高校の「不人気」も鮮明になったりして、いろいろ考えることが増えたからなあ・・・とやや同情したが、この上で何の検討もなく改善もなくしれっとこの春の入試のような日程・やり方をそのまま公表してきたら唖然とする(が、その可能性のほうが高い気がする)

慣らし

昨日も書いたように、一昨日から車に再び乗れることになった。4か月近くも運転していなかったので、まずは近場の運転から慣らしていく。

車に乗ってもいつもの・・・

というわけで車でいつものスポーツ公園に行き、そこでジョギングコースを3周歩いた。平日だから人はいないかなと思ったら芝生広場のほうにグラウンドゴルフの高齢者が多数。賑やかだった。いつもの健康器具は使うのをやめた。

雨も上がり、いっそう葉桜という感じになってきたか。スポーツ公園から望む堤の桜並木。

どれが本当か分からない表示は今日も生きていた。本当に分からない。 

これは前の表示を消した跡かな。

スポーツ公園を歩いたついでに堤防のほうも行ってみようと余裕をもって行けるのは、家に帰るまで歩くということを考えなくてもいい効果か。周りを歩く。

いつもの「気の早い桜」(左)とそうでない桜(右)と。もう区別がつきにくい葉桜かな。「そうでない桜」の下には雨で散った花弁以外の花の部分の残骸が。

今日も写真奥の跨道橋の階段を上下。すいすい。

ここを下るのもすいすい。イベントではなくなった。さあ、下りるぞという感じでなく、いかに自然に下りられるかというところ。

スポーツ公園で再び車に乗り、町内を回って家に帰る。

遠征

昼からは塾に寄り、雑用。その後は車の運転に慣れるべくドライブをして塾の隣の隣の市(でいいんだな)の公園に。いつ来てもいいところだ。

パークブリッジ

ここはその市が新しく作ったばかりの施設。この前の新聞に取り上げられていた。

冬ソナストリート

冬ソナストリートなどと銘打って広めようとしていたが、冬ソナももう過去のものだなあ。今もそう呼ばれているかどうかは知らない。

トイレがおしゃれで

このガラス張りの建物がトイレなのだから、恐れ入ってしまう。

ゴルフ場じゃないよ

こう見るとまるでゴルフ場のような緑地公園。マスターズのオーガスタはこれの比じゃないが。関係ないが、松山は凄かったな。

もとは岐阜大学の跡地

ちょっと歩き足りないなというので近くの公園も歩く。図書館は営業中だが工事をしているようだ。この公園もさっきの緑地同様、遠い昔、今の岐阜市柳戸に集中する前の岐阜大学(農学部など)のキャンパスの跡地だ。線路沿いのいい土地が残っていたし、よい整備をしたなと思う。というか、岐阜市柳戸よりもこっちのほうが電車も走っていてよほど便利なのだが、なぜあの柳戸に統合したのだろう。場所が狭くて拡張性がないとかかな。あの頃は国公立も私立もどこの大学も郊外の広い敷地に移転していた。今は「都心回帰」の流れだが。

これは何の花かな。公園に咲いていた。

どこか外国の庭園風にも見える。

公園ばかり歩いた1日

地元のスポーツ公園+遠くのまちの公園、と昨日は公道でなくほぼ公園ばかりを歩いたが、やはり公道とは違って歩きやすかった。速さを全然気にせず、急ごうともしない中で4.9km/hなのもよかった。不動産広告基準をクリアだ。普通にこれならもう大丈夫だと胸を張れる。歩数は7985歩と8000歩手前で家の中でも歩けばすぐに8000歩になりそうだったが、追加で歩いて帳尻合わせは敢えてしなかった。元々歩くことは嫌いではないので町並みや風景の変化はなくてもよい(あれば楽しいが)。トイレがそばにあるのでそのことを考えなくてもよいほうが気ままに歩けて助かる。

次へ

次へのコマは昨日1つ進めた。今思えばもう少し考え直すべきだったかもしれないが、3月時点でのあの判断は仕方が無い。1か月前は今日のような展開は想像出来なかった。もっと時間がかかると思っていた。

体重・体脂肪率が最低を更新

今日も散歩ブログになってしまった。脳幹出血患者の復活記録らしいことも書くと、昨日は体重が退院直後以下になり(といっても1~2kgほどの変動幅なのだが)、体脂肪率はそれでも最低を更新した(これまでは体重微増で体脂肪率低下の流れだった)。一昨日全く歩かなかったことが影響しているのかどうか分からないが、人間の身体は不思議なものだ。特に目標体重があるわけではないが、血圧のために現状維持をはかりたい。 

 

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ6

 昨日は予報通り終日雨だったので散歩には行かなかった。歩数ゼロ。また今日から頑張って歩こう。以上。

はじめの一歩

 というわけでもなく、昨日書いたように今後に向けた動きで鍵になることのために出かけた。自動車学校での講習。自動車学校に行くのはそれこそ四半世紀以上ぶりだったが、無事に通過。久しぶりの運転だったので緊張したし、ハイブリッド車に乗ったことがなくて操作がしにくかったし、車に乗っていないせいかやや下手になった気もするが、OKをもらう。県警に電話したら「最寄りの警察署でもよい」と言うことだったので警察署に電話してその足ですぐに行き、警察の担当官と相談をして、晴れて車が運転出来ることになった。これで明日から動きやすくなる。やや大げさだが、ついにこの日が来たのだった。もう病院のリハビリには通っていないが、私にとってはこれが実質リハビリ終了のようなものだ。暇だった入院時にさんざん考えて思い描いていた行程通りでここまで来ている。脳卒中で倒れたことは予期せぬ大きな不幸だったが、いのちを拾ってからこの方は、今にして思えば幸せが続いている。感謝しなければならない。今日からは我が町を離れて散歩しようかな。明日からこのブログも町外写真が増えるかもしれない(って今までも電車で出歩いていたか。自動車運転まで時間がかかるなら電車の回数券も買う覚悟だったが、地元ローカル線頼みの生活はとりあえず終わったかな。鉄道がある町。ありがたかった。以前住んでいた場所なら考えられなかった)。これからいろいろ忙しくなるが、健康の維持のために(決してこのブログのためでなく)散歩は続けたい。

 

 

 

脳幹出血(脳卒中)からの復活へ5

昨日の午前中(といっても昼近くだったが)は久しぶりの外来診察。病院でも血圧の上が120台に(前に来たときはずっと高かったなと。140台か150台だったかな)。昼間の血圧が低いことを報告したが、今までが高すぎたという話。まあそうか。朝晩も含めいずれ下がれば(あなたの年齢ならできるだろうと)、薬を減らせると。そうだよな。この体重の維持と歩くだけだが運動を続けたい。

30分待ち

 薬のところで30分待ちと掲出されてあり、盛っているだけだろう、そんなに待たせないだろうと構えていたら本当にほぼ30分待たせてくれた。自分の番号が飛ばされて後ろの番号がどんどん進んでいくと薬の在庫がなくなったのだろうかとか忘れられているのだろうかとか余計なことを考えてしまう。この前はすぐに出たのだが。確かに今日はこの前よりも外来患者が多かったかな。30分待って薬をもらい、病院を出る。もう午後1時近かった。

普通にテキパキ歩く

 午後からは歩きに。車に乗せてもらったので近くの大学キャンパスまで行き、そこで降ろしてもらった。北に向かって堤を歩き、途中いつものスポーツ公園で休憩して家に向かうことにする。昨日の朝、宣言したように昨日は速度を求めない歩きを。普通にテキパキ歩いてどれくらいになるか試す。だから道中の風景も撮る。それで不動産広告基準の4.8km/hをクリア出来ればいいと思った。入院時はそれをしゃかりきになってクリアしていた(病棟の廊下を鬼の形相で突進する患者、珍しいというか迷惑だったろうなあ)。普通に歩いてクリアできればだいぶん進歩したと思う。退院直後の外歩きは4.5~4.6km/h、5000歩ぐらいだった。

 葉桜もいい景色だ。緑のトンネル、いい気分。誰もいない、静かなのがまたいい。

 大学へ通じる階段があったがここでは上下しない。

 

菜の花

 桜が寂しい代わりというわけでもないのだろうが、菜の花がたくさん咲いて賑やかさを演出し、出迎えてくれていた。

 どこの会社の鉄塔か、下りて確認すればよかったが、上からでは分からなかった。携帯電話会社基地局マニアではない。

 本当に一人貸し切りコースのような感じだった。さっきは前方の離れたところに人がいたはずだが、前も後ろも誰もいない。

 どっち?

まだ続きがあった。「サイクリングロード」はどっちに行けばいいのか迷ったが、下のほうが歩行者向きなコースな気がして下を選択。

終点か

 ここで終わりの模様。道なりに進むと下りてしまいそうだが。

下りてきたが上れる?

 結局、この前も来た隣の市の公園に下りてしまった。ここで休憩するつもりはないのに・・・と思ったらここから上に上がれる階段が。もちろん上れる。

 さ、サイクリングロード?これが?

けもの道

 けもの道のようだが、途中に休憩所やベンチもあるんだからいちおう通路なんだろうと思って歩く。

行き止まり?

 行き止まり。そして階段。もちろん普通にすいすい。もう退院直後とは違う(退院直後なら引き返していたかもしれない)

 この公園は今日はスルー。

 遠くの鉄塔、あれはどこの携帯会社かなと確認に行くつもりはない。

反対側から見た景色

 いつもスポーツ公園から堤を見ていたが、たまにはと堤からスポーツ公園を見る。別になんてことは無い景色。

階段2往復

 公園近くの以前「挑戦」した階段の下にわざわざ来て、この階段を2往復する。すいすい。

歩く人がぽつりぽつり

 スポーツ公園に到着。平日だ。春休みも終わった。人はいないだろうと思ったら、私と同じように歩く人がぽつりぽつりといた。

 今日は例の健康器具はパスして帰路へ。

ハナミズキ

 この並木は何だろうと思ったらそこは公園。ハナミズキとでかく書いてあった。ハナミズキか。一時期流行ったな。

 水を見ると撮りたくなる。我が町の用水路だって負けてない(どこに)。

 あの鉄塔はどこの会社かな。と、今日は携帯電話の基地局ばかり見ている気がする。今日はあそこまでは寄り道しない。今度歩くときにあそこを通ろう。

嬉しいというか、悲しいというか

 到着。歩数計アプリを見たら4.9km/h、6500歩ほどだった。明日はらしく歩けそうにないのでもう少し歩いておきたい。速さはまあこんなものだろう。普通に歩いて(力を入れずに歩いて)この数字だったのでうれしかった反面、悲しかった(力を入れても入れなくても大して変わらないじゃんという意味で)

 家で少し休んだ後、また出る。8000歩ぐらいにしておこうかなという軽い気持ちで家を出て、歩き出したら足が軽快だったので(そりゃそうか、速さを意識してないもの)、予定よりも遠くに行くことにした。

用水路好き

 また用水路を撮ってしまった。

事故調査中

 自損事故だろうか。最近は事故現場にもこんな張り紙が貼ってあるのね。「ガードレールがおかしい」とかさねて通報する人がいるのかな。

 この高さ制限なら歩行者の頭は大丈夫だわな(だいぶん前の頭上注意とは違うわね。トラック等は注意ね)

 近所の神社横の公園。夕方だったので子どもたちがけっこういた。これには写っていないが。葉桜の並木はこの前撮ったのでパス。

 神社そのものの写真も久しぶりだったかもしれないと思い、撮る。

5.0km/h、10000歩ちょっと

 到着。近くで見たら最短で帰ったらスーパーの値段のような歩数(9800歩ぐらい)になりそうだったので、敢えて大回りして家に帰り1万歩にした。それで今日はよかったのだが、速さを見たら5.0km/hに上がっていた。あれだけ意識してややはあはあ言いながら歩いて5.1km/h、楽に歩いて5.0km/h。複雑な心境だ。私の速歩きチャレンジはいったい何だったのだろう。まあ普通に歩いても(だらだら歩かなければ)4.8km/hは余裕でクリア出来ることが分かったのでそれはまずよしとしよう。今日は外を見たら雨。終日雨の予報なので、用事以外はおとなしくしている。歩数0ということになるだろうし、明日の記事も写真はないだろう。今日の「用事」次第で、今後の動きが早まるか、面倒になるか・・・。時間がかかるものだと想定して次善の策も用意しているが、果たして。