「1.岐阜県高校入試」カテゴリーアーカイブ

今春(2021年春)入試の平均点は下旬かな

 昨年度は9月に2021年春入試について重大な日程変更や出題範囲の変更が行われた影響でしょうか(昨年度は全国一斉休校があって夏休みが短くなって大変でしたね。COVID-19対策で感染者が出た場合に備えて入試日程も考え直さなくてはいけなくなり、それで9月になって大変更が行われました。入試前倒し+休校があったで出題範囲も削って。それまでは日程も出題範囲も他県が変える中で「変えない」と頑と言ってきた岐阜県教委ですが。今年の日程はその去年の日程を踏襲したCOVID-19対応の形になっていますので、今さら変更はないでしょう)、岐阜県公立高校入試の平均点発表はやや遅くなって9/24でした。昨年の発表については今や放置状態のこちらのブログ記事があります(こういうときに毎年記事を書いてきた積み重ねが役に立ちます)。ちなみに2018年は9月21日、2019年は9月20日です。

岐阜公園というか鏡岩水源地付近で。木陰がありがたいという西行法師の和歌のような気持ちになれたのは散歩するようになってからかなあ。

 今年の岐阜県公立高校入試問題、難しかった?易しかった?の正式な「答え合わせ」が9月にあると知っている方たちが、検索してここにもいらっしゃっているようですが、昨年や一昨年の例を見ますと早くても来週(9/13~17)、昨年並みなら再来週(9/21~24)に公式の岐阜県公立高校入試の平均点等の成績データが出ることになるのでしょう。もう少し、お待ちくださいね(って私が言うことなのかこれ)。発表され次第、このサイトでも平均点のページを更新して対応いたします。テレビ放送で示された予想平均との比較も。

静かに足を踏み入れる。

 春にも書きましたが、ほとんどの人にとっては今さらもう「どうでもいい」時期に発表されるんです。今頃になって今春入試の平均点を聞いたところで、受検生(受験生)も「へえ」以外の感想はないでしょう。ところがこれが私たちのような仕事をしていますと必要な情報でして、毎年追っかけているわけです。そんなこんなでこのサイトもその「追っかけ」の結果を表にしてきました。成績結果の詳細は県教委の入試情報サイトにも過去3年分が掲載されていますので、ご覧になるといいでしょう。過去問をやりながら難しいなと思ってみたら実は正答率の極端に低い問題だったとか、反対に簡単じゃんと思っていたらほとんどの人が正答していた問題だったとか。そんなことも分かります。

 私事ですが、その今春の入試が行われた頃、私はまだ退院直後でした。「退院した」と言ってもそのつい1か月前まで左半身が麻痺して動かなかった人間です。歩けるようになったといってもまだ体力がなく、「これではじゅうぶんに仕事は出来ないかな」と今後の見通しは全く立ちませんでした。あれから半年、自分でも驚くくらい体力がついたなあと思います。入院中や退院直後の私には今の自分が想像もできませんでした。その節は関係のみなさまにもご迷惑をおかけいたしました。これからも頑張ります。

【2022年春入試】高専の募集要項が出ていた

 しばらく見ない間にいつの間にか岐阜高専の募集要項がネット上に公開されていました。入試の日程その他も当然書いてあります。岐阜高専のサイトのこのページの上の方には入試日程が、下の方に募集要項のPDFがありますね。

ゴルフ場のような風景だが散歩に行った先の公園です。

 その中から、学力選抜の日程だけ抜粋すると…

岐阜高専・学力選抜
願書受付期間
令和4年1月24日(月)~令和4年1月28日(金)
検査日
令和4年2月13日(日)
合格発表日
令和4年2月18日(金)

公園横の竹林。手入れが行き届いている。

 高専の受験生以外の注目点は、高専の学力選抜の合格発表が2月18日(金)ということ。来春は以前のように岐阜県公立高校の出願変更期間(2/17~2/22)に高専の合格発表が収まっていますから、2022年春の公立高校入試では「最終出願者数の中に実際は受験しない高専の学力選抜の合格者が混じっている」ということにはならない模様です(高専志願者が併願することが多い高校の受験生(受検生)にとっては切実な問題なんですよ。だいたい倍率が高い進学校であることが多く…。細かい話ですが)

梅雨末期の平日に行ったのでがらんとしていた。公園です。

 

【2022年春入試】岐阜県公立高校入試の実施概要一覧

 やはり期限きっちりに出してきましたね。岐阜県公立高校入試各高校の実施概要一覧。こういう見立てをしていましたが、それに近い感じになりました。明日の新聞を待たずに今日ネットに掲載しただけマシかなという。以前から書いているように受験生(受検生)のために本当はもっと早いほうがいいんですけどね。さっきざっと見ただけなんですが、岐阜地区・西濃地区では大きな変更はないようです。下に岐阜地区西濃地区の分だけ画像にしたものを上げておきます。全体を知りたい方は県教委の入試情報のページへどうぞ。

赤で囲んだところが変わったところ。

岐阜地区・西濃地区では県立岐阜商業岐南工業各務原池田大垣工業の5校の第一次選抜について変更があったようです。

県立岐阜商業の標準検査、グローバルビジネス科の英語傾斜配点(昨年までは150点)がなくなりました。英語が得意で県岐商でも「この科だけ」を狙っていた受験生は思案のしどころかもしれません。傾斜配点だと思って高校見学も申し込んでいた生徒には思いがけないお知らせです(だから早く公表しろと…)

岐南工業の標準検査、内申と当日点の比率が4:6→5:5に、また独自検査の「自己表現」に替わって「面接」が導入されました。

各務原高校は独自検査の自己表現を廃止して、面接だけになったようです(去年は面接+自己表現だった)

池田高校は独自検査枠を2つに分け、Ⅰ(部活枠)とⅡ(環境保護枠)を設けて独自枠全体も拡大しています(14%→21%)。学校活性化のための策でしょうか。

大垣工業では電気・電子工学科群の独自枠がこれまでの20%→30%に拡大されています。他の学科群はもとから独自枠が30%でした。今春の高校全体での定員割れ、独自枠への需要を受けてのことでしょうか。

その他、定員割れした場合に実施するため関係する受験生が少ない第二次選抜では、岐阜城北高校の志望学科数が変わったり(なぜでしょうね)、羽島高校の検査では小論文が廃止されたりもしています。

他の地区のことや独自検査枠の「要件」はチェックしていません(一つ一つ読み込むのには時間が…)。変えているところもあるかもしれません。私もまたじっくり読もうと思いますが、まずは自分で確認してくださいね。

吹き出し/実施概要は今月末までに

あちこちのサイトでよく見かける、

こんな吹き出しや

こんな吹き出し

どうやって作ってるんだろう、編集が難しいんだろうなあ、サイトの一記事にそんなに手間暇かけられないしなあと思っていたら、プラグインがあってそれを入れればいくらでも作れることを今日知った。さっそくこのサイトや塾の公式サイトのほうにも件のプラグインをインストールした。まだまだ簡単に使える機能を十分に使っていないことがよく分かった。調子に乗ってさっそく塾の公式サイトのほうに「よくあるご質問」のページを吹き出しをつけて作ってみた。ちょっと色がちかちかするかな。改善の余地有り。

 そんなことはさておき、岐阜県公立高校入試2022(令和4年度)の「各校の実施概要一覧」が今月末までに出されるはずだから、まもなくである。ここで独自検査をやるかどうか、やるならそれに出願できる要件は何か、何をやるのか、標準検査の内申と当日点の比はどうなるか、面接などテスト以外の検査があるかどうかなどがはっきりする。

今年は7月末が7/30(金)、7/31(土)という日程になっているから、いつぞやの年にあった8/1に新聞掲載(されたけど県教委は7/31に発表したんだからねっ)という裏技?が使えない。今月最後の平日が7/30、その日の県教委「発表」でも7/31には新聞等に出せるはずだ、県教委が変な情報解禁日を設定しない限り。こういう発表が期限ギリギリよりもかなり早めに発表されるというのを最近あまり見たことがないので(かつてはあった)、おそらく7/31(土)の朝刊に載るのだろう。その前の7/30(土)にネット上に載ったら優秀という感じかな。

制度が安定してきた最近は内容に大きな変更をする高校も少なく(それでもちょっとずつ要件などが変わっている学校もある)、受験生(受検生)への影響は大きくないのかもしれないが、以前も書いたが本当はもっと早く、最低でも夏休みに入る前、できれば夏休みの高校見学の行き先が決まる6月までには発表してほしいものだ。大して変わらないならなおさら。

【2022年春入試】高専からの案内

 今年も先週届きましたが、例年入っている募集要項は入っていませんでした。高専のウェブサイトにも募集要項が上がっていないようです。まだ決まっていないことがあるのかな。高専では対面授業が最近全面的に再開されたばかりのようですからね(この点も高校より大学の対応に似ていますね)。入試どころの騒ぎではないのでしょう。

 今年も10月に塾も対象にした説明会を催していただけるようで、その案内も入っていましたが、ウェブサイトで見つけて既に申し込んでいたのでした。今年は何を聞こうかな。まだ考えていませんが。

 前から書いているように、高専はここ数年人気が復活してきていて、推薦入試を狙う生徒も多く、推薦で駄目だった子たち(建築などで発生しやすい)は学力のほうに回りますから、そうでなくても倍率が高い(中には「記念受験」レベルの受験生もいるんでしょうが)学力入試のほうもだんだん内申レベルが上がっています。推薦に公開された基準はありますが、基準を満たしていても推薦枠より多くの生徒が出願していれば推薦合格できないので中学校から推薦してもらえたと言っても安心できません。この点、注意が必要です。

 高専は公立高校入試と違って当日点と内申点の比率を明らかにしてきました。例年通りならほぼ4:6なので岐阜県公立高校入試における多くの進学校よりも内申重視です。しかも公立進学校と違って、内申がよければ推薦という道も開かれます。公立進学校ならいくら内申だけよくても当日点次第では合格できませんからね。高専に合格するためにはまずは内申点。それから当日の入試問題への対策が必要です。特に理数の基礎を学校よりも早めに(予習して)仕上げないと独特な(公立高校入試とはレベルが違う)高専入試問題に対応する実戦的な演習が十分にできません。逆に理数で先のことを学んでいないうちから過去問に取り組んでもちんぷんかんぷんですので、まずは学習内容を先へ。

 例年通りなら説明会→校内見学ですが、コロナ禍の中ですから校内はのぞかせてもらえないかなあ。何度も見学していますが、機会があれば見学したいところです。

こう見るとまるで右側だけが博物館のようだが、左の施設が昆虫博物館で右は市の歴史博物館。

高校見学2021夏

 この前、中1のプリントを2022と書いて保存してしまった私です。年末年始を病院で過ごしたせいか年の感覚が…。

最近の近所の散歩から。Twitterには春先の花が満開の画像を背景画に載せていますが、もうこんな状態です。

 さて、県内各高校の高校見学の予定一覧がようやく県教委のウェブサイトに掲載されていましたが、中3の皆さんはとっくに中学校から案内され、とっくに申し込んでいるでしょうね。タイミング的に意味のない気もする発表ですね・・・。

一転してこれは岐阜まで「散歩遠征」したときのもの。金ぴかの信長、思わず撮ってしまいましたとさ。

 ともかくこのように発表されています。いつも書いているんですが、これを改めて見ても7月末の県教委の実施概要一覧が発表される前に高校見学がある高校が結構ありますよね。独自検査の要件が大きく変わったりする高校や内申と学力検査の比率が大きく変わったりする高校があって生徒の志望校が変わったらどうするんでしょうね。そういうことはない(確かにここ数年大きな変化はないのですが)という前提で動いているんでしょうか。いずれにしろ、今風の言葉で言えば「受検生ファースト」のスケジュールでなく、高校側や教委側の都合が優先されたスケジュールですね。もうこれで変えるつもりもないのでしょう。

ここに来ると路面電車が気になってしまう。

振り返れば昨年は夏休みの高校見学が中止(休校の影響で夏休みがあまりなかったですから)、秋に公立高校も高校見学を行うという例年とは違うスケジュールになりましたね。まあ昨年度は本当に異常でしたから。昨年度の中3生たちはかわいそうでしたね。

これは雨を避けるために大垣の街中のアーケードを散歩した日のもの。もう映画の公開からもだいぶん経つですが…
川が特に好きというわけではないのですが、新大橋から水門川を撮影。

【2022年春入試】入学者選抜要項が出ました/土日の部活は地域で

例年こんな時期だったかなあ、2022年春(令和4年度)岐阜県公立高校入試の「入学者選抜要項」が既に出ていました。先月末日付の更新になっています。ざっと見ただけですが、内容は既報のもの、または例年通りのものばかりで目新しいことはありませんでした。この「入学者選抜要項」にも7月末までに実施概要を県教委が出す旨が書いてありますので、例年通り7月末には先日書いたような諸々が出るのでしょう。10月末までに各高校がホームページに出すというものはその詳細版です。高校によっては独自検査で必要な諸々の書類を掲載するところもあります。

写真はこの前岐阜公園に行ったときのもの。そういえば板垣さん岐阜で遭難してたなあ。そうなんですよね。

というわけで大きなニュースではありませんでしたが、取りあえず県教委に動きがあったので書きました。前も書いたように次の注目は7月末です。これも以前から書いているんですが、もうちょっと早くならないんですかね。7月末、もう高校見学が始まっているんですよね。順番が逆じゃないかと思うんですよ。高校見学は入試説明会ではないとはいえ、特に独自検査の要件によっては志望校が変わる子もいるでしょうに。高校見学の申し込みをする時期を考えると5月末が理想ですよね。今年は何とその5月末にやっと入試のアウトラインが出てきたんですが。

これも岐阜公園から。名和昆虫博物館、実は入ったことないんだよなあ。この日は時間がなかったので、コロナが収まったら時間をかけて見て回りたいと思う。

土日の部活は地域で

募集要項とは全く関係ないんですが、先日の新聞にこんな記事が。ネットにも上がっていました。

土日の部活は地域で運営 中学教員の負担減へ23年以降
https://www.chunichi.co.jp/article/282361?rct=gifu


教員の負担が問題となっている中学校の土日の部活動について、県教委の堀貴雄教育長は二〇二三年以降、段階的に地域で活動するスポーツ団体に運営を移行していく考えを示した。県内自治体の教育委員会の取り組みを県教委が支援していく。(以下略)

全国的な流れで県下でも既に一部の市町村が取り組んでいますね。2023年ということは再来年、今の中1の子たちが中3になっている頃ですね。彼らは中3の夏で引退する子が多いでしょうから実質的な本格対象学年は今の小学校高学年からかなというところです。これで学校の先生が授業に集中できれば教育の質向上、教員の待遇改善につながるかな。先生は働き過ぎですよ(と私が言うのもいろんな意味でおかしいかもしれませんが)。これを機に平日の部活動の担い手についても考えていってほしいですね。

今後の公立高校入試関係の発表スケジュール

 来春の岐阜県公立高校入試の方法(基本的に変更無し)、日程や学科再編などの基本事項は既に発表されています(今年は例年より遅かったんですが。学科再編の他は大きな変更がない割に)

これはこのサイトの別ページにもある(はずの)今後の予定をまとめた表。例年は何事もなければこんな感じ。

 次は例年7月末までに出すという入試の実施概要(一般の選抜で学力検査(入試本番のテスト)と内申の比は何対何なのかとか面接他の検査はあるのかとか、独自検査の枠があるかないかとか、ある高校は定員の何%とるのかとか、独自検査を受けるために必要な要件は何なのかとか、独自検査で何をやるのかなどを各高校が決めたもの。制度が定着してきたので大きな変更をする高校はそんなに無いだろう、つまり例年通りに近いだろうとは思いますが)の発表待ちです。

この前出かけた岐阜公園。駅前の像からして「信長推し」に見える岐阜が大河ドラマの影響か斉藤氏の幟を立てているのはどっちつかずな感じが…個人的には美濃と言えばやはり斎藤道三でしょ、とは思うが。信長は「岐阜」の命名者でもあり大きな存在ではあるのだけど尾張の人だから。

 さらに9月頃には今春入試の平均点等が公表されるはずです(入試直後にテレビで出た予想平均との答え合わせをしますね。ちなみに昨年はドンピシャと言っていい当たり具合でした)

これも岐阜公園。何年ぶりだろう、来たのは。時々車で前の通りは通っているが…。

 なお、受検生(受験生)にとっては気になる各高校・学科の定員は10月中に出ます。年内の大きな発表はここまでですね。

ちなみに観光目的でなくあくまでも体力作り、健康維持のための「散歩」の一環です。同じところばかりを散歩していても飽きますからね。

 というわけで7月末までは公立高校入試をめぐって大きな動きはありません。と書いたもの、この時期に「卓袱台返し」とも言える大変化を発表した年もありましたし、昨年はいったん出した日程その他を秋になってコロナの影響で大胆に変えるなんてこともありました。そういうこともあるので何とも言えませんが、今年が普通の年ならそうなるでしょう。

やっと出た2022春公立高校入試日程

岐阜県の来春(2022年春)の公立高校入試日程が出ました。出題ミスなど混乱もあった今春入試を受けて何か変わるのかと思ったら何も変わりませんでした。去年と変わり映えのしない日程でした。これを出すのにこんなに引っ張る必要があったのかあ、という不満はさておき、今日決まるというので明日の朝刊を待とうと思ったら、もうウェブサイトが更新されていました(以前は報道機関に遠慮してか、情報解禁ルールがあったのか、朝刊の新聞で出た後でウェブサイト更新なんてこともあったんですが)。この対応は素晴らしい。

それはさておき、来春の公立高校の日程です。このページPDF資料から。


1 日程
■ 第一次選抜(全日制の課程、定時制の課程)
第一次選抜というのが世間の人が言うところの「公立高校入試」そのものです。第二次選抜は欠員が出た高校でしか募集がありません。
<出願期間>
令和4年2月10日(木)~2月16日(水)正午
願書は中学校の先生が出しますから、受験生にとって関係があるのは2/16(水)に変更前の出願状況が分かるということですね。
<変更期間>
令和4年2月17日(木)~2月22日(火)正午
※2月19日(土)、2月20日(日)は除く。
土日は当然ながら高校側はお休みです。
今年も去年と同じような日程になったので高校の卒業式が絡まない日程になりました。そういう意味では単純明快です。受付は最終日を除いて終日(午後4時まで)ですね。変更前出願締切が水曜日で、そこで出願倍率が分かり、木曜日から変更受付ですから、土日に家で相談して月曜日に学校に伝え、その日か火曜日に変更するというパターンも考えられますね。
<検査期日>
令和4年3月3日(木)
※一部の高等学校では3月4日(金)にも実施。
入試の日のことです。最近では面接や独自検査までをすべて1日で(つまり3/3に)済ませる高校がほとんどですが、一部の高校では実技検査や独自検査を次の日に行うところもあります。去年と同じように、まだ中学校が卒業式をやる前の実施ですね。高校の卒業式は3/1でしょうから、中学校も高校も忙しくなりそうです。
<追検査期日>
令和4年3月18日(金)
※一部の高等学校では3月19日(土)にも実施。
追検査そのものは2020年春から当初は「インフルエンザ対策」として実施していましたが、去年から新型コロナウイルス感染症対策として、このような日程になりました。今年のままなら、内容は第一次選抜の本検査と全く同じ内容で(つまり独自検査を受ける生徒は独自検査も)やるということです。ただし、学力検査の問題は3/3とは別のものを使います(そりゃそうだ)。
合格発表日の直前となり、この春同様、厳しい日程です。該当者が出た現場の先生も大変だ。この春は追検査の該当者がどのくらいいたのかな、県教委さん、実施状況を公開してほしいなあ。
<合格発表・第二次選抜募集人員発表>
令和4年3月21日(月・祝)
例年通りなら午前9時。この春同様、お休みの日の発表となりました。学校の先生方も大変です。また、地元中学校は在校生もこの日を登校日にして振替休日を設けたようですが、来春はどうするでしょう。
 
 
■ 第二次選抜(全日制の課程、定時制の課程)
第二次選抜は第一次選抜で欠員が出た高校、つまり定員割れだった高校で実施されます。
<出願期日> 令和4年3月22日(火)
<変更期日> 令和4年3月23日(水)
<検査期日> 令和4年3月24日(木)
<合格発表> 令和3年3月26日(土)

この春の日程とほとんど同じですね。今年もまた、公立高校入試(第一次選抜)から合格発表までが長~い日程になりました。半月以上待たされます(3/3入試→3/21発表)。ちなみに新型コロナウイルス感染症対応が必要なかった以前はインフルエンザ対応追検査が間に入っても発表まで8日間待つだけで済みました。新型コロナウイルス感染症対策で仕方ないとはいえ、この日程、間延びしますねえ。以前も書きましたが、入試から合格発表までは「自由にのんびり過ごして」と言うのですが、こうも長いと普通科進学校に進む子は途中で勉強に切り替えが必要かも。

なお、同時に学科再編についても発表されています。
最近の学科再編の流れの一つ、単位制普通科の導入が来春からも進みます。
加納高校、羽島高校、池田高校の普通科が単位制普通科になります。羽島高校や池田高校はこれが人気回復の起爆剤になるでしょうか。
また、普通科以外つまり専門学科では
岐南工業高校、多治見工業高校、高山工業高校の各学科が名称変更(~科が~工学科になるなど)し、
岐阜工業高校、可児工業高校で建設工学科が建築工学科と土木工学科に分かれるものの募集は「学科群」として従来通りまとめて募集し、
恵那農業高校で農学科群単位での募集になり一部学科が廃止・新設され、
坂下高校の普通科と生活デザイン科が廃止されて「地域探究科」が創設され、
中津川工業高校が岐阜工業高校のような学科群単位の募集になり、
土岐紅陵高校、恵那南高校(ともに総合学科)で「文理進学系列」が単に「進学系列」になり、
市立岐阜商業高校の学科名が前年までの県立の商業高校各校と同様に「ビジネス~科」に名称変更されることなどが発表されました。

こう羅列すると結構変わりましたね。名称変更だけのところもありますが。

県外募集についても発表されましたが、岐阜県内の人には関係がないのでここでは省略します。

受験生(受検生)のみなさん、頑張ってください。

   

5月20日(木)は定例の教育委員会会議

明日5月20日(木)の教育委員会の会議で以下のことが話し合われると、県教委のサイトのこのページに書いてあった。というのを今日知ったのだが、見たら県教委のこのページ更新も今日5月19日付だった。(そんな急に「傍聴したければお電話ください」と言われましても…)

議第1号:令和4年度県立高等学校における学科改編等について
議第2号:令和4年度県立高等学校の入学者選抜における「県外募集実施校に係る入学者の選抜」について
議第3号:「令和4年度岐阜県立高等学校入学者選抜について」並びに「令和4年度岐阜県立特別支援学校高等部入学者選考について」及び「令和4年度岐阜県立高等特別支援学校入学者選抜について」

本題と関係ないけど以前撮った近くのスポーツ公園の隣のばら公園で撮ったものを。今はもっと咲いているかな。

議案の中身が全部高校入試絡み。ここで来春の岐阜県公立高校入試の日程その他も正式に決まるということかな。そして発表されると。「5月を目途に」ってことは末日頃かなと思ったんですが、それよりはちょっとだけ早いかな?決定即発表なら明後日の朝刊あたりに載るのでしょうが、果たして。

関係なく何となく以前撮ったスポーツ公園の写真をつけてみました。もう花は散ったかな。