【2022年春入試】ようやく出ましたね、第3回進路希望調査の結果(進路希望状況)

 いやあ、待たされました。今日、2022年1月24日になって岐阜県教委が第3回進路希望調査結果-令和4年1月現在(PDF)を発表しました。

昨年よりも4日遅く。

 先週「【2022年春入試】進路希望調査の結果は今週かな」なんて記事を書いた責任は…とりませんよ(だって去年のスケジュールを考えたら先週には出るだろうと思ったんだもん)。このコロナ禍の中、各地で学級閉鎖や学年閉鎖、休校も相次ぐ中での集計は困難を極めたのかもしれません。おまけにコロナ関係の新たな受験生救済策を岐阜県でもまた考えるという話もあって(今日の県教委の会議でもそれが議題なのかな)、県教委は忙しかったのでしょう。でも、でもですよ。もうすぐ出願というスケジュールの変更があるという話も聞いていませんから、この時期の発表はちょっと遅いんでないかなという疑問は拭いきれません。遅いと言われたくなければ、第3回(最終回)だけでなく、それ以前の進路希望調査結果も公式に公表すればいいだけのことではないかなと思うのです。以前から書いていますが、そうしている県もあります。岐阜県がこの間際に最終回だけ正式に公表するのはなぜか、その疑問は解けないままです。

さて、そんなことはおいといて、県教委発表の「国公立中学校等及び特別支援学校中学部卒業予定者の県内公立高等学校への進路希望状況について(調査時期 令和4年1月) (PDF) 」という資料から、いつものように岐阜地区と西濃地区だけを抜粋したものを以下に示しておきます。これはあくまでも現時点での「進路希望状況」つまり「進路希望調査」の結果であって、出願者数ではありませんこの数字を受けて、さらに出願者数は変化します。そして一度だけの出願変更期間を経て最終出願状況(実際に受験する人数)が確定するわけです。「じゃあこれからどう数字が変わるの?」という方、去年や一昨年やそれ以前の数字の動きを1月の進路希望調査からまとめた表はこのサイトの「岐阜県公立高校入試の出願状況(2021年春~2013年春)」にありますので参考にしてください。

 受験生(受検生)の皆さん、いろいろ不安なことはあるでしょうが、頑張って勉強を続けてくださいね。

追記

あのー、県庁のサイトの報道発表一覧のページ、2021年1月のカテゴリーにこんなものがあったんですね。私は今年が2022年だから、まさか2021年の報道発表資料に2022年1月21日の資料が紛れ込んでいるなんて、今日の今日まで気付きませんでした。ここしばらくずっと報道発表一覧とか県教委のサイトはチェックしていたんですけどね。やられました。まだまだ修行が足りませんね(何の修行…)。

まさか2020年度という括りの2021年1月のページに2022年1月21日の報道発表資料が紛れ込んでいるなんて。

まあその資料にもネットでの掲載は1/24からと書いてあったので、ネットでの発表は結局今日になってからと言うことだったのですけどね。ああ、ちなみに以下が証拠の魚拓です。 

これ見ると、全然関係ない他の報道発表資料にも2021年1月のものではないもの、どころか2020年度ですらないものが紛れ込んでいますね。県庁のウェブサイトのシステム、どうなっているんだろう。これは新聞ネタではないかな…