第12回 岐阜県新型コロナウイルス感染症 教育推進協議会

この何だか日本語の不自由そうな会議、先日から開催の告知は県教委のウェブサイトに載っていましたが、話し合いの結果は新聞を見ろといういつものパターンのようです。何なんでしょうね。

最近まで公園まで車で散歩に出かけていたが、再び数か月前のように家から歩いて散歩に出る日も増えた。近所の用水路は田のために滔々と水が流れていた。

そこで新聞を見ると今朝の朝刊に載っていました。ネット上にも上がっていたこれです。

しばらく行っていなかった児童公園でない都市公園。この日は平日。子どもはいない。

修学旅行、県外の宿泊も可能 県教委マニュアル
 https://www.chunichi.co.jp/article/288084?rct=gifu
 県教委は九日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた修学旅行の実施マニュアルをまとめた。(中略) 県教委によると、・・・(中略)・・・大半が宿泊を伴い、県外を目的地としている。
 出発二週間以内に濃厚接触者になったり、出発当日に発熱があったりする場合などは参加不可とする。旅行中に感染が判明した場合は、他の児童生徒らも濃厚接触が避けられないとして旅行全体を原則中止するとした。

「ローズパーク」さすがにもうバラの季節は終わったかなと思いきや…

 ということで今年度は修学旅行が実施できるようですね。県内の感染も落ち着いているようですから、まずはよかったと言うところでしょうか。

まだまだ咲いているものもあるようです。失礼しました。

 ただ行き先はどうなるんでしょう。例年、多くの中学校が行く東京方面は感染が拡大中で緊急事態宣言まで出てしまいました。無観客とは言え、オリンピック・パラリンピック終了後、その影響で感染状況がどうなるのかも懸念されます。また例年なら多くの公立高校が行く沖縄も感染が拡大中で緊急事態宣言が続いています。沖縄に行く人にはPCR検査を無料実施という政策が検討されているようですが、そういう状況でこちらもどうなるでしょう。

 ということで、行くことは決まったが行き先はどうなるのかなあという県教委の会議でした。

と思ったら・・・

2021年7月11日追記 岐阜新聞の記事のほうには行き先についても詳しく書かれていました。やっぱ読み比べないと駄目だなあ。ちゃんと確認すべきだった。

修学旅行マニュアル 訪問先は保護者が迎えに行ける場所に 友達の部屋への出入りは「禁止」 岐阜県教委が感染防止対策
https://www.gifu-np.co.jp/news/20210709/20210709-86037.html
(前略)参加者がPCR検査の対象者や濃厚接触者となった場合などに備え、保護者らが迎えに来られる場所を訪問先とすることが盛り込まれた。…(中略)… マニュアルでは、岐阜県に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用された場合は延期または中止とし、宣言や重点措置に指定される都道府県は訪問先としないとしている。旅行先で参加者が体調不良となり、PCR検査を受けることになった場合などは、保護者に公共交通機関を使わずに迎えに来てもらう。…(後略)

なーんだ、これを真面目に読めば保護者が公共交通機関なしでは迎えに行けないだろう沖縄や、車で迎えに行くのが(できないことはないが)難しい東京は(今後たとえ緊急事態宣言が解除されたとしても)行き先としては無いと言うことですね。まあだいたい「宣言が解除されるかな?どうかな?いけるかな」って状態では計画を立てられませんし。

というわけで新聞記事発表だけだとこういうことが起こるんですよ、県教委さん。だからもったいぶらずにウェブサイトでもそのマニュアルなりダイジェスト版なりを出せばいいのにという話でした。