脳幹出血(脳卒中)からの復活を目指して7

 昨日の朝、雨は上がったが一時的に冬型の気圧配置になったようで、北風が冷たく空模様も怪しい。時雨があるかもと警戒しながら散歩に出かけた。いつものスポーツ公園の横の公園から堤に上がって先日の散歩道を南下していこうかと思ったが、時間を考えて(昼前だった)Uターン。ここまで来たので堤の桜と例の「気の早い桜」は撮ろうと思って隣のスポーツ公園のほうに歩を進める。我が町はすべり台が好きなのか、こんなところにも豪華なすべり台が。町民歴まだ十数年だが初めて知った。

そして普通の桜の咲き具合(やはりちらほらだ)と「気の早い桜」(こいつだけやはりほぼ満開だった)の咲き具合。

 昨日の午前中はここから自宅に帰り、5500歩ほど。この前、帰り道で地鎮祭のようなものをやっていた家がもうベタ基礎を作り上げかけていた。そういえば数日前には基礎作りのための鉄筋を張っていたっけ。早いものだ。

 当然ながら5500歩では短いので昨日は昼からも出かけた。今度は北のほうへ(帰りが向かい風になるのはきついので)。前も出かけた例の児童公園。ここにもすべり台がある(私が使ったことは当然ないが、一昨日高校に合格した妹の子・つまり姪が小さい頃に使ったそうだ。その下のステージのようなところで踊っていたとも)

 この公園で目立っていたのは桜の木。私の前にもこの桜の木の下で写真を撮る父母と小さい子の家族があった。

 いつもお世話になっているローカル線。線路沿いの道を歩いていたら電車が通ったので撮影。この鉄道にしては贅沢な?跨線橋が少し前に完成したのだが、かつての踏切はこうやって壊されていた(車で通ると上の跨線橋を通ってしまうから分からないよね)

 メタセコイアの木というのはこの町が田舎のせいか遠くからでも目立つ。尖塔のようだ。

 などと写真を撮りながらの帰宅。帰って見たら昨日は合計で12000歩ほど。速さは4.8km/hをクリアした。昨日はそんなに歩くつもりはなかったが、気づいたら結構歩いていたし、歩いた後も、身体がそんなに疲れていない。体力がついてきた証拠だろうか。