脳幹出血(脳卒中)からの復活を目指して15

 一昨日の件で昨日メールをいただく。今気づいたが、返信先はiPhoneだった。返事を出させていただいたが届いているだろうか(iPhoneに PCメールが届かなかったことがあって・・・)また、一昨日来られた方からいただいたものに手紙が添えられていて、それを大事に読む。過分なお言葉に恐縮する。一昨日ああいう場を設けてもらって、療養から次のステップへ、力をもらったのは私のほうだ。一昨日会ってくれた皆さんには分かったことだが、多少ぎこちないところがあるかもしれないが、ありがたいことにだいぶん回復している。退院時にももう動けていたが、退院直後とは身体の状態もだいぶん違うと自分でも思う。次のステップへ、もう少しで・・・。

軽め

 昨日の午前中は出発が遅めだったので、午前中はカルメン・マキでなく本当に軽く。お茶も持たず、すぐ帰る構えで家を出た。

ウグイス

 近所の工場跡の横に立つ小さな神社の森からウグイスの鳴き声を聞いた。一昨日の午後にも聞いたのだが、録音しておきたいぐらい見事な鳴き声だった。近所のこぢんまりした神社林(名前を伏せているのではなく名前を知らない)、あなどれない。 

発見

 いつも通らない裏通りを通って帰る。この道が本当に家に通じているのか多少どきどきしながら。この町に引っ越して二十年近く住んでいるはずなのにこれだから、いかに引っ越してからこの町のことを知らずに生きてきたかよく分かる。まだまだ歩いて近所を「発見」すべきことはあるようだ

ハイジンジャーではない

 廃屋ならぬ廃神社のような神社で。(「廃」ではないようだ。除草剤だろうか、農薬をまいていた人もいた。)

迷路

 この後もなるべく普段通らない道をたどっていったら、自然と近くの交差点まで来た。これで帰宅できる。

ウィルコム

 家の近所のこのアンテナは携帯にしては簡単なものだと思ってみていたら、今はなき「ウィルコム」(PHS)のものだった。この前の記事で書いたとおりY!mobileのPHS 部門としてもサービスを終了したそうだから、早晩撤去なのか放置なのか、それともソフトバンクの携帯基地局としてでも生まれ変わるのだろうか。いずれにしろ、auユーザーの私には関係ない。

電車

 午後は天気もいいので電車に乗ることにした。遠出するつもりで。最寄り駅に。

 入院中、シフトの関係で1回だけお世話になった言語聴覚士さんに「この駅は昔、有人駅でホームも2つ使っていた」と言ったら(若い方だったので)驚いていたっけ。四半世紀前(そう書くと古いな・・・)、確かにこの駅には常時駅員がいたし、今は草が生える下の写真右の方のホームも使っていて、駅に跨線橋はなかったから利用者は駅内踏切でこちらに渡っていたのだ。経験者は語る。

 今日はこれに乗っていった。最近入った銀色のものではなく、伝統的な赤色の電車だ。

検札

 珍しく検札の人が乗っていたので、最寄り駅の自販機で買った切符を見せる。

桜のトンネル

 電車が隣駅に着く直前、堤の桜並木がトンネルのようになっていて美しかった。電車内だったのでぱちりということはしなかった。今度はここまで電車で来て歩いて戻るかな。といっても今週中にそうしないと桜の時機を逸してしまう。

到着

 街に着く。JRに乗り換えてさらに名鉄に乗り換えて某所へ・・・と目論んだが、昨日は「ここ止まりにしよう」と切り替えた。

川に沿って

 「聲の形」ですっかり「名所」になったらしい方面まで川に沿って南下する。

パンプキン爆弾

 夏の授業のたびに紹介してきた「爆心地」。わがまちには原子爆弾こそ投下されなかったが、その投下の「訓練」のための大型爆弾(形は原爆だが中身は通常爆弾というもの。通常爆弾といっても大型のため爆薬は多い)、通称「パンプキン爆弾」が投下されて犠牲になった方もおられる。街全体が空襲される前のことだ。石碑(下の写真右側)が建っている。しかし今の市民のどれだけがそれを知っているのだろう。祭りの時は屋台で賑わうはずの川沿いである。

新市役所

 市役所と桜と川と。立派な市役所になった。前の市役所は指でつついたら倒れそうなほど(そんなわけはないだろうが)相当古かったからねえ。まだ周辺は整備中かな。

ますや

 メディアでもよく紹介されるますやさんだからか、観光客らしき人たちもいた。まるでどこかで見た観光地だ。観光地なのか。

川下り

 川下りの船が出ていたが、手こぎで棹さして下るのはお客さんを乗せているときだけで、川を上って空で回送するときはモーターで回していた。なるほど。有名な「たらい舟」はGWの企画のようで今は普通の船。

目から「汗」

 きれいな桜を眺めながらいろいろ考えた。もしかしたら私は今ごろ、この世の桜を見ていなかったかもしれない。こうやって見られるだけでもすでに幸せだ。一昨日の出来事も思い出す。歩いていて目から「汗」が出て困った。傍から見ると桜に感動する変なおじさんだな。

観光地?

 観光客の車だろうか。どんどんやってくる。警備員が交通整理をしていた。どこか遠くの有名観光地のようだ。わがまちも捨てたものじゃないかもしれない(と、暢気に語っている場合でもないか、このコロナ禍で・・・)。このまちのはずれで生まれ育ってきて、このあたりを「桜がきれいなところ」とは思ったが「観光地」と思ったことはなかった。が、世間的には立派な観光地なのかな。灯台もと暗し、だろうか。

 来た道とほぼ同じ道を川沿いに歩く。だいぶん歩数も伸びたようだ。今日はここまで。

12400歩あまり

 家に帰って歩数計アプリをチェックしたら、昨日に続いて1万歩超え、12400歩ほど歩いていた。調子に乗ってあまり歩きすぎると脚に来るのでほどほどにしないと。といっても晴れているうちに歩いておかないと、この前の日曜日のように雨で終日お休みになることもあるから難しい。とりあえず今日はセーブすべきかな。3日連続1万歩超えは避けよう。