第14回岐阜県新型コロナウイルス感染症教育推進協議会は突然に

 今日の新聞で知りました。例の日本語が不自由でおなじみ(?)の「岐阜県新型コロナウイルス感染症教育推進協議会」の第14回が昨日開かれていました。岐阜県に対する緊急事態宣言が延長されそうだというので開かれたのでしょうか。いつものような「開催のお知らせ」が前日までに載っていなかったなあと思ったら、これまた昨日付で載っていました。昨日の会議の開催のお知らせが昨日付だなんて…という話はさておき、こちらのページに。ネットだけでなく、報道関係資料も昨日付になっていて慌てて開催したのかなとも思わせます。

夏の散歩の思い出。ただでさえ斜陽の鵜飼、コロナ禍にあってせっかくの大河ドラマもいかせず、残念だろうなあ。

で、内容についてはさっそくこちらのサイトに掲載されていました(結果の掲載は早かったなあ)

8月前半は猛暑だったのでこういう木陰が歩くのにありがたかったのです。

 今朝の新聞にも内容が掲載されていますが、

高校3年生、13日から対面授業再開 1、2年はオンライン 小中生は分散登校など継続 岐阜県教委(岐阜新聞)
https://www.gifu-np.co.jp/news/20210908/20210908-104264.html

【岐阜】高3限定で13日から登校再開へ 受験や就職控え県教委方針(中日新聞)
https://www.chunichi.co.jp/article/326730?rct=gifu
>県教委によると、昨年度の県立高校卒業生のうち、昨年十〜十二月に就職が内定した生徒は24・5%、推薦入試に合格した生徒は41・7%に上る。
・・・(中略)・・・県教委の堀貴雄教育長は「今まで新規感染者が二百人の状況で、子どもが登校することはなかった。いよいよ高校三年生が登校する。緊張感を持ってもらいたい」と話した。

この中はどうなっているのかなとあとから寄ることに。

現在オンライン授業中の県立高校については、3年生のみ来週から対面に戻すとのこと。1・2年生は「原則」オンライン授業を継続するようです。ただし

>オンラインによる学習支援を継続
(感染状況を注視しつつ、対面授業の再開を検討)

(県発表の資料から)

と書いてあるので、1・2年生も場合によっては対面になるのかもしれません。先月「県立高校でオンライン授業」が発表されたとき、9/12で緊急事態宣言(決まったときは「まん延防止等重点措置」だったかな)が解除されるという見込みもないように思えて、9/13以降どうするんだろうと思ってみていましたが、宣言が延長されているのに全面正常化とも行かず、かといって3年生は進路決定の重要な時期にさしかかっているというので、こういうことになったようです。

分かりづらい入り口だったが、駐車禁止と言うだけで立ち入り禁止ではない模様。

 一方、小中学校については、原則として現在の対策を継続してほしいということですが、

>小中学校・特別支援学校については、地域や学校
の実情に応じて対応(原則、現在の取組を継続)

(同じく県発表の資料から)

ということですから、実際のところは市町村次第ということでしょうか。現在、午前授業+午後オンラインという大垣市はどうするのでしょうか。正常化するのでしょうか。いずれにしても、塾としては現在の対面授業を継続します。

その前に通りを散歩。この木陰がありがたかった真夏のある日

 県内の感染者数も以前の数字と比較すると「やや落ち着いてきた」ようにも思ってしまいますが、教育長の言うとおり、以前の「波」よりも遙かに大きな波が現在も継続中です。油断なくこの状況に日々対応していきたいですね。