対応定まらず

 大垣市の今後の学校に関する対応はまだ決まっていないようです。まだ夏休み中ですからもう少し時間はありますものね。既に方針を決めている市町は(当初の予定なら)夏休みが終わっているというところもあるのではないかなと思います(最近は8月中に始業する学校が増えている)

酷暑の頃の地元の散歩道。暑かったが短い夏だったかなあ。

岐阜県3市3町がオンライン授業 「まん延防止」地域の小中学校
https://www.gifu-np.co.jp/news/20210824/20210824-99457.html
・・・(前略)・・・大垣市は23日時点で調整中と回答した。実施と回答した市町以外の市町は分散登校を決めるも、オンライン授業実施は対応を決めかねている格好だ。県内の小中学校とも30日が始業日のピークで、今後方針を決める市町村が相次ぐと予想される。・・・(後略)・・・

これも堤防散歩から。この桜並木、宿り木が結構多い。

 と言うことで、大垣市の対応が決まらないようです。が、オンライン授業と答えている他の市町も全面オンライン化ではなく、分散登校で自宅待機組だけオンラインというところが多いようです。また、9/1からは平常通りというところもあります。

暑かった。堤防の散歩。もちろん長雨の前。

 という状況ですので、先日ここにも書きましたように、弊塾としてもオンラインは夏期講習の残り期間だけで、2学期の普通授業からは対面でと考えています。今後さらに新型コロナが感染拡大して、学習塾等全般に休業要請が来たとか、学校が全面オンライン授業に切り替わったという場合には再考しますが。また、「学級閉鎖」「学年閉鎖」等でお子さんが塾に来られなくなった場合は、オンラインまたは後日振替で対応したいと存じます。

似たような景色ばかりで。しかしこういう道を歩くのは気持ちいい。早くこういう天気が続くようになるといいですね。暑い暑いと不満を言っていましたが。

 とはいえ、感染拡大のさなかです。月曜日の数字を見て「落ち着く兆しが見えてきたかな」と思ったこの地域も、今日の数字を見ると全然そうではないようです。
2学期になり対面授業を復活させたのちも、教室ではこれまで通り密集・密接を避け、密閉空間にならないよう、窓を開けて換気扇を回して換気をじゅうぶん行い、手指の消毒も徹底して、必要箇所の消毒も行うなど、できる限りの対策をして健康・安全に通っていただけるよう努めてまいります。